みやかわ漢方薬局は、とくに女性のための漢方をめざしてしています。診察室併設。女性スタッフ対応。東川口駅徒歩2分

漢方薬局・温灸院のみやかわ漢方堂

■みやかわ温灸院 院長のブログ

過去の記事はこちらから→「鶯谷書院

豊山引退

  新潟出身+農大出身=豊山の法則にしたがい、小柳くんは、豊山を襲名しましたが、身体の故障がつづき29歳で引退です。九州場所は5勝10敗でした。元大関の朝の山と同期だそうです。

 同じ時津風部屋の正代は、大関陥落。ちょうどよい稽古相手がい無くなれば、力はどんどん落ちるでしょうねえ。

 しみじみ、盛者必衰。

日光 男体山

 今日は、快晴。武蔵浦和のホームからは、北に日光の男体山、西に駿河の富士山がみえました。男体山が見えるのは珍しいので、写真をとりました(写真中央)。

 普通の人が、普通にさがしても、男体山は見つからないですが、見どころさえ押さえて、いったん見つけることができれば、あとは何度でもみることができます。

 鍼灸治療もそういうことが多いのですが、見どころを教えてくれる人がいないので、見えなくてうろうろしている人は多いのです。そういう人は、たいていおしゃべりです。「言うものは知らず、知るものは言わず」という通りなのです。
 

墨のかおり

 父親は、毛筆が達者で、年賀状はもちろんのこと、少しばかり賞状書きもしていました。家に墨のかおりがあった中で育ったせいなのか、墨のかおりを嗅ぐとホッとする。じゃ香のかおりだとおもいますが。

 本日、大久保の書道用品店に用事があって、その合間に墨のかおりを嗅いでいたら、写真の品が好みだったので、お買い上げ。摺って使うわけでは無いので、無くさない限りは、永遠の友になりそう。

 

村上城


 全国の小さな城を訪ねたエッセー集。トップバッターは、新潟県の村上城。何年か前に、新潟で講演をしたときに、連れて行ってもらっているので、懐かしく読みました。安西氏は、お気に入りらしく、何度も通っているとのこと。

 村上名産には、鮭と米があるという。その黄金のコンビでご飯をかき込みたいですねえ。それだけでいい。ここから片道4時間というから、来年辺りに、行ってきましょう。

けやきの落ち葉


  家の前のけやき並木は、毎年、この時期になると、落ち葉にならないうちに、枝をはらっているのだが、まだこない。今、来ないとすれば、今年は来ないのだろう。

 こういうところに、財政削減の影響が出ているのかも知れない。武蔵野線ののり面の雑草刈りも、数年来、やっていないし。床屋の刈り上げみたいにすっきりしていたのですが、いまは、ぼうぼう。

 どちらも、やる必要がなかったことなのですから、本来のすがたに戻っただけなのです。落ち葉は掃けばいいし、ぼうぼうの雑草はCO2削減に役立っているのだし。

ページ先頭へ▲

〒333-0802 埼玉県川口市戸塚東1-1-32 みやかわ漢方薬局・みやかわ温灸院
TEL:048.295.3211(代表) FAX:048.295.3029